Ruby

Ruby

【Ruby】メソッドについて詳しく解説します

本記事では、Rubyのメソッドとはどんなものなのか、使用例とともに詳しく解説していきます。 メソッドとは メソッドは、ある特定の処理を実行し、その結果を返すステートメントの集合体です。 メソッドを使用すると、コードを再入...
Ruby

【Ruby】BEGIN、ENDブロックについて詳しく解説します

本記事では、RubyのBIGINブロックとENDブロックの文法について解説します。 BEGINとENDブロックとは RubyにおけるBEGINブロックには、プログラムを開始する前に実行するものを記述します。 一方でEND...
Ruby

【Ruby】ループ処理におけるredoとretryについて詳しく解説します

本記事ではRubyのredoとretryについて、使用例と合わせて解説します! redo redo文は、今実行しているのループを再度はじめから行うために使用されます。 条件を再度評価することなく、取り出す要素は同じでルー...
Ruby

【Ruby】ループ処理におけるbreakとnextについて詳しく解説します

本記事では、Rubyのループ処理において使えるbreakとnextについて解説します! break文 Rubyでは、プログラム中のループの実行を中断するためにbreak文を使用します。 主にwhileループで使用され、条...
Ruby

【Ruby】ループ処理の制御文について詳しく解説します

本記事では、ループ処理の制御文について解説します。 ループ処理については以下のリンクで確認できるので、チェックしてみてください! Rubyのループ処理の制御文とは Rubyのプログラミング言語には、ループ、条...
Ruby

【Ruby】case文について詳しく解説します

case文とは case文は、他の言語におけるswitch文のような多方向分岐文です。 if文と違って、与えられた一つの値が複数の選択肢の中で一致するものを探す時に便利です。 case 対象のオブジェクト when 値...
Ruby

【Ruby】ループ処理について詳しく解説します

ループ処理とは プログラミング言語におけるループとは、ある条件下で命令や関数を繰り返し実行することで、その結果をクリアにする機能です。 Rubyでは、プログラマーの作業を容易にするために、プログラム中の条件に基づく状況を処理す...
Ruby

【Ruby】if文について詳しく解説します

条件分岐 プログラミングにおける意思決定は、実生活における意思決定と似ています。プログラミングでも、ある条件が満たされたときに、あるコードのブロックが実行される必要があります。 プログラミング言語では、制御文を使って、ある条件...
Ruby

【Ruby】Rubyのunless文について詳しく解説します

unless文とは Rubyにはunless文と呼ばれる特殊な文があります。この文は、与えられた条件が偽のときに実行されます。 つまり、if文の逆です。if文では、与えられた条件が真になるとブロックが実行されますが、unles...
Ruby

【Ruby】Rubyの変数と定数の事前定義について詳しく解説します

事前定義変数 Rubyには様々な事前定義変数があり、それぞれの仕様があります。 インタープリタのパラメータや正規表現を扱うときなど、特定のタスクを実行するために事前定義変数を使用することができます。 Rubyの事前定義変...
タイトルとURLをコピーしました