Ruby

Ruby

【Ruby】flattenメソッドについて使用例とともに解説

flattenメソッドとは flattenは、多次元配列やハッシュを、一次元配列にするメソッドです。 *多次元配列とは、結合された配列のことで、配列の中に配列みたいな感じ。逆に一次元配列は、普通の平坦な配列のこと。 引数...
Ruby

【Ruby】concatメソッドについて使用例とともに解説

concatメソッドとは concatは、「文字列と文字列を結合したい」、または「配列と配列を結合したい」 そういった場合に使えるメソッドです。 引数に結合したい文字列、配列を指定します。複数取ることも可能です。 ...
Ruby

【Ruby】collectメソッドについて使用例とともに解説

collectメソッドとは collectは、ブロックの結果を配列として返すメソッド。 つまり、配列の要素一つ一つの処理結果を配列で返してくれるメソッドです。 例として、配列の要素ごとの演算結果を取得したい場合に便利です...
Ruby

【Ruby】shuffleメソッドを使用例とともに解説

shuffleメソッドとは shuffleは、配列に対して要素の順番をランダムにするメソッドです。 配列.shuffle 簡単なので早速使用例を見てみましょう。 使用例 .shuffle => .s...
Ruby

【Ruby】shiftメソッドについて使用例とともに解説

shiftメソッドとは shiftは、配列に対して最初の要素を削除するメソッドです。 削除した要素が戻り値となり、要素がない場合はnilを返します。 また、引数に削除したい数を指定することもできます。 *popメソ...
Ruby

【Ruby】popメソッドの使い方を解説

popメソッドとは popは、配列の末尾の要素を削除するメソッドです。 削除される要素は、popメソッドの戻り値として返されます。 また、引数に削除する要素の個数を指定することもできます。 配列.pop 使用...
Ruby

【Ruby】inspectメソッドについて使用例とともに解説

inspectメソッドとは inspectは、そのオブジェクトや配列等を見やすい形として文字列で返してくれるメソッドです。 オブジェクト.inspect 型によって返ってくる値が変わるのか、それぞれ見ていきましょう。 ...
Ruby

【Ruby】指定の範囲の中からランダムで数値を取得する方法

a~bの間からランダムで数値を取得する方法 Rubyにおいて、aからbまでの特定の範囲からランダムで数値を取得する場合、次のようにすることで可能になります。 .sample 例えば、1から99の間でランダムな数を取得した...
Ruby

【Ruby】配列に要素を追加したい(push)

pushメソッド pushメソッドは、引数で指定した要素を配列の末尾に新たに追加してくれるメソッドです。 引数に複数指定することもできますが、その場合は指定した順に追加されます。 オブジェクト.push("要素...
Ruby

【Ruby】ハッシュにキーとバリューを加えたい

storeメソッド storeメソッドは、①ハッシュにキーとバリューを追加したり、②バリューを変更したりすることができます。以下のように、引数にキーとバリューを取ります。 {}.store(key, value) sto...
タイトルとURLをコピーしました