【PostgreSQL】データの件数をカウントする方法(count関数)

データの件数を取得したい時はCOUNT関数

COUNT関数の基本的な使い方は以下の通りです。

select count(カウント対象) from テーブル名;

テーブルの全データ数を取得する

テーブル内にある全てのデータ数を取得する場合は以下のように書きます。

select count(*) from テーブル名;

具体的なコード例

前提として以下のusersテーブルがあるとします。

idnamelikeageaddressgendercreated_atupdated_at
1田中由美子tennis20東京male2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
2鈴木浩game34千葉female2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
3佐藤康明baseball19神奈川female2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
4高橋洋子walking40東京female2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
5田島翔太swimming16東京male2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05

このusersテーブルの全てのデータ数を取得したい場合は以下のように記述すればOKです。

select count(*) from users;

実行結果は以下のとおりです。

count
5

期待通り総件数の「5」が取得できました。

重複を除外してカラムのデータ数を取得する

特定のカラムにおいてデータのユニーク件数をカウントしたい場合は以下のように書きます。

select count(distinct カラム名) from テーブル名;

COUNT関数の括弧の中で「distinct」を付けることがポイントですね。

具体的なコード例

前提として以下のusersテーブルがあるとします。

ここから「address」カラムのデータを重複なしで取得します。「東京」「千葉」「神奈川」の3種類なので「3」が取得できればOKです。

idnamelikeageaddressgendercreated_atupdated_at
1田中由美子tennis20東京male2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
2鈴木浩game34千葉female2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
3佐藤康明baseball19神奈川female2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
4高橋洋子walking40東京female2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05
5田島翔太swimming16東京male2021-10-09 05:11:052021-10-09 05:11:05

具体的なコードは以下の通りで、COUNT関数の中でdistinctとaddressを指定します。

select count(distinct address) from users;

実行結果は以下のとおりです。

count
3

期待通り総件数の「3」が取得できました。

タイトルとURLをコピーしました