[Ruby] map,map!メソッドの使い方

<mapメソッド>

配列の要素の数だけ繰り返し処理を行うメソッド。処理後戻り値で新しい配列を作成。

処理を記述できるところがポイント。

<書き方>

配列の入った変数.map {|変数名| 処理内容 }

例)

lotte = ["ogino", "fujiwara", "nakamura","yasuda"]
  lotte.map {|l| l.length}

結果↓

lotteの中身 ["ogino", "fujiwara", "nakamura","yasuda"]
戻り値 [5, 8, 8, 6]

<map!メソッド>

配列の値を処理結果に置き換えたい場合に使用。

例)

lotte = ["ogino", "fujiwara", "nakamura","yasuda"]
  lotte.map! {|l| l.length}

結果↓

lotteの中身  [5, 8, 8, 6]
戻り値  [5, 8, 8, 6]
タイトルとURLをコピーしました