【2020年8月3日】FXトレード分析

それではトレード分析第一回目をやっていきたいと思います。

合間の時間を見つけてガンガン更新していくので、ぜひご覧ください!毎日投稿できるようがんばります!

ポンド円(GBPJPY)

  • 長期:なし
  • 短期:上昇
  • 直近の狙い:レッドチャネル下限でロング

 

日足

長期下降チャネル(青)を上抜けしたので、今後は上昇チャネル(赤)に沿って推移していくと想定します。

 

4時間足

現在の状況は青の下降チャネルを上にブレイクした後、もう一度青のラインまで戻って押し目をつけてから上昇したってところ。

この後の狙いとしては、レッドチャネルの下限まで引き付けたところでロング。もしくは、レッドチャネルの上限でショート。

どちらにしろ、しばらく先になりそうですね。

 

オーダー&ポジション

特に偏りが無いので、無視でOKですね。

 

ポンドドル(GBPUSD)

  • 長期:なし
  • 短期:上昇
  • 直近の狙い:レッドチャネル上限でショート

 

日足

ブルーチャネルを上にブレイクしたので、レッドチャネルで推移していくと想定します。

 

4時間足

現在はレッドチャネルの上限でショートしてます。

エントリーの根拠としては、チャネルにタッチRSIが80以上の二つです。日足でもRSIが反応しているので、それなりに優位性は高いんじゃないですかね。

目標はレッドチャネルの中央で、損切目安は直近高値の上抜けです。

 

あと、レッドチャネルの下限まで来たらその時はしっかりロングを狙っていく予定です。

 

オーダー&ポジション

ロングの含み損が膨らんできましたね。

このままピラミッド型の形になれば最高なんですが、どうなるんでしょうか。

 

ユーロポンド(EURGBP)

  • 長期:下降
  • 短期:下降
  • 直近の狙い:ショート

 

日足

レッドチャネルを下にブレイクしたところですね。

 

4時間足

今後の戦略は主に以下の二つです。

パターン1

ブレイクしたレッドチャネルまで戻ってから反発するのを狙ってショート。

ただ、ブレイクしたレッドチャネル下限が反発した2つの点を結んでいるわけでは無いから、この戦略はちょっと優位性は低いかも。

 

パターン2

ブルーチャネルの上限まで引き付けたところでショート。

ブルーチャネルの上限は明確に3店で反発してしっかりとチャネルを形成しているため、パターン2の方が機能しやすいと思う。

もし上にブレイクしても損切しやすいし。

 

オーダー&ポジション

何とも言えない形なので、無視でOK。

 

ポンドフラン(GBPCHF)

  • 長期:下降
  • 短期:上昇
  • 直近の狙い:ロング

 

日足

日足の長期フレームで見てみると大きい下降チャネル(薄い青)にいるのが分かると思う。

ただ、あまりにも範囲が広くて直近の戦略には関係ないのでとりあえずは無視する方向で大丈夫かと。

 

4時間足

4時間足のフレームを眺めてみると、ブルーチャネルの中にレッドチャネルがありますね。

もう少し拡大してみるとこんな感じ👇

今のところ結構きれいに上昇チャネルを形成していますね。直近だと、レッドチャネルの上限で反発したってところでしょうか。

上限のところでエントリーできたのですが、見逃してしまったので後追いはせず無視します。

次の狙いとしては、レッドチャネルの下限まで引き付けたところでロングですね。

 

オーダー&ポジション

今のところ特に偏りなしなので、無視します。

 

本日のまとめ

GBPUSDでショート入ってますが、基本的にはGBPJPY、GBPUSD、GBPCHFではレッドチャネルの下限にてロング狙いですね。

EURGBPは逆にブルーチャネルの上限でショートを狙います。

現在保有しているGBPUSDのショートは、損切ラインを浅くして逃げ足を早くすることを忘れずにすることが大切ですね。

 

それでは週明け月曜日から気楽に頑張っていきましょう、グッドラック👍

 

管理人おすすめのFXブローカー

 

 

管理人おすすめのFXブローカー

私がおすすめするブローカーは下記の二つ!